2009年8月29日 (土)

アサヒ ザ・マスターのCMに葉加瀬太郎…

夏といえばビールですが。
アサヒ ザ・マスターというビールのCMで、ビール片手に歌う出演者たちの真ん中に葉加瀬太郎さんがいます。
夏に葉加瀬太郎、見た目的に暑苦しくないですか!?しかも黒の上下着てるし。
メーカーのサイトを見ると、季節は意識されず、「ドイツらしさ」と「マスター」な感じを表現するための人選だったようですが。
http://www.asahibeer.co.jp/news/2009/0519.html

※決して葉加瀬太郎さんが嫌いなわけじゃないですよ。KRYZLER&KOMPANY好きだったし。

| コメント (4)

2008年4月24日 (木)

クリアアサヒのCM

浅尾美和のセリフ「でもすごくクリアですよ」が気になる。
どんな文脈で「でも」なんだ!
「でも」の前はなんだったんだ!

Banner_04

| コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

ちょっと前のCMですが。

資生堂エリクシールのCM

白目がコワイ。

Banner_04

| コメント (0)

2007年1月21日 (日)

あまり気にする人いないのか。

ぺんてるのボールペンSlicciのCM

「白い紙に好きな人の名前を赤いペンで書いて生徒手帳に7日間はさんでおくと両想い。」

人名を赤い字で書くって…縁起悪いんじゃないのか。

Banner_04←ぺんてるさんの考えが知りたいナキウサギに一票お願いします。

| コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

旭化成のCM

海外留学から帰ってきた硝子。
ボーイフレンドに「私、また留学する!」

ええーまたー?
それって誰が留学費用出すわけー!?
すげー気になる。

Banner_04←勘ぐりナキウサギに一票お願いします。

| コメント (0)

2006年10月18日 (水)

SPEAK LARK のCM

もう十数年前?
タバコのLARKのCMが好きでした。

007風のストーリーで、敵に追われた主人公が危機を脱して最後にタバコ片手に「Speak LARK」というセリフを言うものです。

主人公の役者は何回か変わっていて、最近まで007の映画でジェームズ・ボンドをやっていた、ピアース・ブロスナンが務めていたこともありました。

当時彼が主演の「探偵レミントン・スティール」というドラマがあり、途中でLARKのCMが流れていました。私はこのドラマを毎週録画していて、CMも繰り返し巻き戻して見ていました。

最近、タバコのCMないですね。
やらないことになったんでしたっけ?
タバコは嫌いだけどタバコのCMは銘柄それぞれのイメージがあって面白かったです。

Banner_04←「SPEAK LARK」がどういう意味なのか未だにわからないナキウサギに一票を。

| コメント (4)

2006年10月17日 (火)

ハラダのお茶のCM

私のお気に入りのCMです。
嫁(さとこさん)と姑(お母様)の掛け合いで、コントみたいな単純なストーリーなのですが、楽しいです。

このシリーズは長く続いていて、お嫁さんの役の人も途中で代わっています。
前の人は少々か弱そうなイメージでしたが、今のさとこさんは現代っ子で、お母様とも互角にやりあっているので面白いです。

特に気に入ってるのは、二人がそれぞれにお茶を入れて、ダンナ(珍しく登場)に「それで、どっち(のお茶)が、おいしいの?!」と迫るもの。
ダンナは結局なんと答えたんだろう。きっとそれこそお茶を濁したんだろうね。
商品名コールの後、二人が正面を向いてお茶を飲む奥のほうで、ダンナさんが自分でお茶を注ぎ、ほっとした表情で飲んでいます。
板ばさみになりながら飲むより、自分で淹れたお茶が気楽でおいしいということなのでしょう。

この二人、イヤミ言ったりケンカしながらも、仲の良い嫁姑なのです。
お母様はよその奥様に「さとこさんも、あれでいいとこあるのよ」と言っているし、さとこさんがお母さんの肩もみしたり、一緒にゴハンを食べに行ったり。
同じお茶を飲んでいれば、いろいろあっても楽しく暮らせるというメッセージなのかも。

Banner_04←お茶を飲むとトイレが近くなるナキウサギに励ましのクリックを!。

| コメント (0)

2006年10月 2日 (月)

日本人の髪用シャンプー

最近アジエンスのCM減ってきましたね。
友達は「西洋人を意識しすぎて滑稽」と言っていましたが、私はけっこう好きでした。チャン・ツィイー。
「ツバキ」は相変わらず派手にやっています。でも初回よりはリーズナブルプライスなメンバーになっている気がします(失礼)。
ここしばらく盛んなのが、「いちかみ」。深津絵里。一人で大丈夫か!

いずれも日本人(東洋人)の髪の美しさをアピールしたものですね。
いいことだ。

でも、私は天然ウェーブの髪のせいか、アジエンスもツバキも効果ありませんでした。
朝起きたら、髪サラサラじゃなくてクルクルだよ。

Banner_04←「天パー」という呼称を敢えて避けているナキウサギに清き一票を!

| コメント (2)

2006年10月 1日 (日)

ジャックスカードのCM

ジャックスカードのCMを10年以上前からWatchしております。
最初に目に留まったのは、15年ほどまえでしょうか。
もはや記憶があいまいなのですが、外国人の若者がドラムスティックで家の中から建物から叩きまくるという。。その人は実際そういうスタイルのミュージシャンだったのですが、斬新と思う人もいましたが、ワケワカランと思う人もいたでしょう。いずれにせよ、カード会社のCMとしては新しい感覚でした(でも早すぎたかも)。

次は前作と打って変わってベタなもの。
「ジャックス、ジャックス、ジャックスカード~♪みんなが持ってるジャックスカード、気軽に使えるジャックスカード、…」うろ覚えですが、こんな歌詞の歌を、画面に並んだ人々が首を左右に傾けながら歌っていました。ださださ。

その後、東幹久が出てきたり。

若い男女の物語仕立てになってたり。

最近のはなかなか面白いです。これまで若者むけだったのが、ターゲットを家族層に向けてきたのかなーという感じです。
「人と、人のあいだに。」をテーマにしたシリーズです。
「サーフィン篇」、「バイク篇」「キャンプ篇」と続いています。
お互いにすれ違う親子が、ジャックスカードで購入したアイテムでその絆を復活させるという。
サーフィン篇は「さいきん娘の笑顔を見ない」と思ったお父さんが娘さんとサーフィンに行っていました。そして娘が「お父さんの笑顔、久しぶりに見た」。この話、いいっすね。そうそう、相手は自分を写す鏡なわけですよね。
バイク篇は息子がお父さんをツーリングに誘います。「バイクだけが俺の仲間」的な雰囲気でバイクの手入れをするお父さんがなんかカワイイです。
まーどれもよくあるストーリーなんですけどね。
今回のキャンプ篇も、子供との約束を破ってしまった会社人間のお父さんがジャックスカードでキャンプ用品を購入していました。
でも、このCMでちょっと気になるのは、「もういいよ!」と子供がお父さんとの電話を切ってしまうところ。貴様、何様のつもりじゃ!気持ちはわかるけど…子供にこんな電話をかけさせる前に、お母さんが「お父さんが忙しいのは家族のためにお仕事しているから」とフォローしておくべきじゃないか?そもそも、誕生日が平日ならお祝いはその近辺の休日に設定すべきではないか?(うちはそうだった)

まぁ…ミモフタもないことを言えば、私はいつもニコニコ現金払いなので、家族のコミュニケーション交流のためにカード作ることはないと思います。

Banner_04←マスターカードのCMともかぶるよね、と思った人も思わない人も。

| コメント (4)

2006年9月17日 (日)

東京ガスのCM

バスの中、「今日遅い?ゴハンどうする?」と携帯メールする女。
会社にいる男は席を外していて着信に気づかない。

買い物袋を提げて夕暮れの道を歩きながら携帯メールする女。
PC作業に夢中の男は着信に気づかない。

画面は薄暗くて、さびしい雰囲気。

夕食の支度をしながら携帯電話をかける女。
男の携帯電話が鳴る。
男が「ごめん、外ですます」と言うと、女はがっかりしながらも「大丈夫、まだ夕食作ってなかったから」とシチューの鍋をかき混ぜつつ言う。
そこに「ご飯が炊けました」という電子音声が鳴り、電話の向こうの男にも聞こえる。

男は急いで家に帰ってくる。
「ごはんが炊けました」と男が言うと、ソファーでひざを抱えていた女はにっこりと笑う。

東京ガスのCM。
http://www.tokyo-gas.co.jp/channel/200ch/index.html

なんじゃこりゃー!
なにちょっとステキな話にしようとしてるんじゃー!
ガスがかなえる明るい生活じゃなくて、計画性のないアホ夫婦の話じゃないか。

今日のゴハンごときで、職場に何度もメールとか電話とかするんじゃない!気が散る!
朝、今日の大体の見込みを聞いておいて、会社を出るときに夫のほうが電話すればいーじゃないか(電話が来なかったら先に食べる)。
夫が職場にいる時点でご飯炊けてどうする!ご飯がβ化するじゃないか。
夫も、「ご飯が炊けました」で帰ってこられるなら最初からダラダラ残業しない!
そんで帰ってきてお互いニッコリって、なんじゃそりゃ。

これはピピッとコンロの宣伝らしい。だったらこのコンロ独自の特長を盛り込むべきだったのでは??「ご飯が炊けました」って、ガスじゃなくてうちの電気炊飯器も言いますって!
まーガスで炊いたご飯は確かにおいしいけどねっ。

| コメント (1)

より以前の記事一覧