« 痛恨のミス | トップページ | 野菜だけでおいしいって? »

2009年12月14日 (月)

2545新書

フォレスト出版の2545新書。
「25〜45歳のための」って、一見絞り込んであるようで、ターゲット年代広くないか?

新刊のタイトルを見ると、「なりたい自分になれる」とか「お金持ちになる」といった内容らしい。

この手の本が出回っているけど、それだけ買ってる人がいるってことだよなぁ。現状を何とかする手がかりを求めてる人が多いということだろうか。
そして、これだけ本が出ていても何とかなっていない人が大勢いるんだろう。

これ系の本が本屋の平台を占拠していると、なんか淋しいような残念なような気持ちになる。
この流行はまだ続くのかな…。


« 痛恨のミス | トップページ | 野菜だけでおいしいって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 痛恨のミス | トップページ | 野菜だけでおいしいって? »