« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月25日 (土)

日食

見ましたか?日食。

当日は朝から雨で、「こりゃダメだな~」と思っていましたが、日食のピークの時間は薄曇りになっていて、観測にはむしろ好都合な天気でしたね。

勤務時間中でしたが、皆入れ代わり立ち代わり、会社のビルの屋上に上がっていきました(管理職含む)。
よかったユルい職場で。
薄い雲越しにみた太陽は、三日月を伏せたような形でした。

日食を見るのは久しぶりです。
子供の頃、今はなき?黒いゴミ袋を重ねたものを使って見たことを思い出します。
最近は、日食メガネなんて便利なものもあるんですね。

しかし…曇り空とはいえ、やっぱり太陽を直接見ると、目がチカチカしますね。

| コメント (2)

2009年7月19日 (日)

おいしいもの~スターライトグリルの紋甲イカのステーキ~

元町のスターライトグリルで「紋甲イカのステーキ」を食べた。
肉食の私がメインに魚介類を選ぶのは珍しいが、この店の看板メニューみたいなので。
しょせんイカでしょ…と思っていたが、すいません、とてもおいしいです!
肉厚でやわらかーい。
ソースも味が濃い目だけど、いかにも洋食!という感じでおいしいです。
なのになぜ写真撮ってないんだ!

| コメント (0)

東京国際ブックフェア

東京ビッグサイトで開催された「東京国際ブックフェア」に、7/12(日)に行ってきた。
新橋からゆりかもめに乗ると、大勢の乗客。
まさか皆ブックフェアに!?と思ったが、そうではなく、ほとんどがお台場で降りていった。フジテレビに行くのね…。話題の実物大ガンダムを車窓から確認した。

とはいえ、ブックフェアの方もけっこうな人出だった。
国内最大の本の見本市、平日は業者の人が多いのだろうが、日曜なのでほとんど一般客だろう。

ほとんどの書店のブースで、本が定価の2割引で売られている。
また、普段本屋の店頭では見かけないようなマイナーな本を見ることができて面白い。

一緒に行った友人の買いっぷりがかっこよかった。
「辞書買っちゃった♪6千円が4千円になったんだよ」
なんと。
1200円の本を買おうかどうか迷っている場合じゃないぞ、自分!
友人に刺激を受け、迷っていた本を買うためにそのブースに戻ると、お目当ての本のシリーズが「2冊で千円」という叩き売り状態になっていた。
天のお導きね。。。
同じ本に興味を示していた友人に一緒に買ってもらったので、その本を500円で入手できた。ニヤリ。

茂木健一郎氏のセミナーも聞いた。
「頭の良くなる読書術」みたいな話かと思ったがそうではなく、自分の読書経験とか感想が多かったが、やはり話が上手で、飽きさせないなぁと感心した。

読書好きの友達と一緒に行ったので、楽しさ倍増だった。

| コメント (0)

里中満智子「天上の虹」

持統天皇の生涯を題材にした歴史マンガです。
学生時代に友達に借りて途中まで読みましたが、最近、続きの巻からまた読んでいます。

面白いのが、登場人物がすごく人間らしいところですね。
「良い人」も、「悪い人」も出てきません。
強いけど人の気持ちに鈍感な人、思いやりがあるけど大事な一言が言えない人、向こう見ずだけど一途な人、逃げ腰な人、考えは良いけど実行力がない人…などなど、現実にもいそうな登場人物たちです。
彼には彼の、彼女には彼女の、考えや事情があって行動をとっている、それが結果として歴史に残る事件に結びついていきます。

特に、従来悪者のイメージの強い藤原不比等が、すごくカッコイイんですわ。
強引だけど、人間らしい情も持ち合わせている、一生懸命な男として描かれています。

歴史をマンガにするのも大変なことですが、それ以上に人間ドラマの部分が濃くて、作者のスゴさに感動します。

| コメント (0)

2009年7月 5日 (日)

クラブハリエのバームクーヘン

バームクーヘンの話題では必ず名前の挙がる「クラブハリエ」。
先日、初めて食べてみた。

あれ…。こういうのだったんだ。
ふわふわやわらかくて、お菓子としては普通においしい。
でも、私のイメージするバームクーヘンは「しっとりずっしり」タイプなので、これがバームクーヘン界の人気商品と言われると、ピンと来ない。

以前も、評判のバームクーヘンをお取り寄せしたら、こんな感じでふわっとしていたな。最近はふわふわ路線が人気なのか?

どっしりとしておいしいバームクーヘンが食べたい。

| コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »