« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月21日 (日)

最近読んだ本(8月)

感想を書こうと思っていたけど、なかなか更新できないので、とりあえず題名だけでも列挙しておきます。
8月は「読んだパンダ」のエコバッグがほしくて新潮文庫を何冊か買いました。

●いしいしんじ「ぶらんこ乗り」
好き嫌いが分かれそう。
話の内容はともかく、ひらがなが多くて私には読みにくい。

●瀬尾まいこ「卵の緒」
普通にいい話。

●河合隼雄「こころの処方箋」
なるほど。

●恩田陸「夜のピクニック」
青春っていいなぁ。

●仙道直美「萌の朱雀」
有名な映画の小説化されたもの。
8月に読んだ中では一番好きだ。
セリフは多くなく、風景の描写が丁寧で、「きちんとした小説」という印象。
最近の小説は、面白い・個性的な文章を狙っているのか、奇抜な表現が多い気がするけれど、この人の文章は安心して読める。
そのお陰か、悲しい話だけど、穏やかな気持ちで読める。

●和泉流星「僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活」
わかりやすい。

●内田春菊「私たちは繁殖している グリーン」
絵が好き。

Banner_04

| コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »