« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年2月 3日 (土)

右じゃないのか!

学校の廊下は右側通行。
車は左側、人は右側を歩く。
と思っていたけど、実際町を歩いていると道の左側を歩いている人のほうが多い気がする。
駅のホームの階段は上りと下りと分かれているが、手すりの位置を見ると左側通行になっている。
私は階段で転ぶことが多いので手すりを使いたいが、左手だとつかまりにくいので困っている(あーでも左利きの人には良いですが)。いずれにせよ、左側通行前提なんですよね、この階段も。

Banner_04←誰に尋ねてよいやらわからないナキウサギに一票を。

| コメント (0)

北北西に向かって

節分ですね。
最近では恵方巻きといって、7種類の具の入った太巻きをその年の恵方(よい方角)に向かいつつ食べる文化が浸透しつつあります。

おすし屋さんでも、特設テーブルを出して恵方巻きを売っていました。
元は関西のものらしいですね~。
バレンタインと同じで、商売のためにこういうのを広めたんでしょうね。
日本人は乗せられやすいからなぁ~と思いつつ、私は乗せられやすい日本人の典型なので、しっかり購入しました。
それも、並と上があるうちの、上(500円)。
だって恵方巻きって7種類の具が必要なのに、並みのほうは具が少なかったんだもん。

しかしこの恵方巻き、恵方に向かって丸かじりして、食べ終わるまでしゃべっちゃいけないんですよね。
ちゃんと一口大に切って、家族と語りながら食べたほうがおいしいのに。

太巻きばかりではなく、普段海苔巻きを売らないような惣菜店ではサラダ巻きとかおしゃれにひねった○○ロールなんてのも出ていました。

Banner_04←方位磁針が懐かしいナキウサギに一票を。

| コメント (3)

最後の授業

日経プラスワンに「学校で習う内容がだんだん変わってきている」という記事があった。
例えば鎌倉幕府は1192ではなく1185なんだとか。

それより私が残念なのは、ドーデ「最後の授業」が国語の本にほとんど載らなくなったということ。
そうなんだ。あの話すごく好きだったのに。
プロイセンとフランスの戦争の結果、国境にあったアルザス・ロレーヌ地方がプロイセン側に吸収されることになった。その地方の学校の、最後の授業の話。
フランス語の授業を終えるとき、アメル先生が黒板に「Vive La France!」(フランス万歳!)と書いて「おしまいです、お帰り」と言うのですが、これが印象的でよくマネしてました。

記事には戦争モノは取り上げづらいと書いてあったけど、なんで?むしろ必要と思いますが。

Banner_04←Wikipediaによると、アルザスってフランス語が母語なわけではないらしいが、そんな背景も含めて。

| コメント (0)

土曜の午前によく見る番組

テレビ朝日 食彩の王国
食べ物をテーマにした番組だけど、ただ、おいしそう~というのではなく、その食べ物の生まれた背景とか文化とかが学べる。深いなー食べ物。

NHK 新日本紀行ふたたび
NHK あの人に会いたい
どちらも昔の番組の再編だけど、とても面白い。

Banner_04←午後は図書館に出かけるナキウサギに一票お願いします。

| コメント (0)

最近読んだ本

ブルボン小林「グッとくる題名」
本などの題名を考察する本。
小学生のころ読んだ赤川次郎エッセイ「僕のミステリ作法」に「タイトルについて」という項があり、その解説がとても面白かった。
それ以来ものの題名にとても興味があるので、読んでみたが、うーん、普通。

中島らも「永遠(とわ)も半ばを過ぎて」
ひょんなことから詐欺師の計画に加わることになった写植家。
これも普通。

Banner_04←人気投票に一票お願いします。

| コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »