« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

最近読んだ本「風に吹かれて豆腐屋ジョニー 男前豆腐店ストーリー」

伊藤信吾「風に吹かれて豆腐屋ジョニー 男前豆腐店ストーリー」

タイトル長いよ。
ジョニーの大ヒットで話題の男前豆腐店の成り立ちを社長自ら熱く語ります。
熱いよ、社長、熱すぎるよ。

運も実力のうちと言いますが、この社長の場合はまさにそのとおりです。
元々お父さんが大きな豆腐屋さんの社長でその設備や販路を使えたこと、健康ブームで豆腐の人気が出てきたこと、そこに加えてこの社長の努力と才覚があってこその成功だったのでしょう。
この社長、仕事が面白くて仕方ないようです。
豆腐は、差別化が難しい商品ですが、まったく新しい方向から商品に個性を持たせられたのは、元々本人が豆腐屋さんでなかったからかもしれません。

巻末に、ジョニーとその仲間たちの相関図があるので、ファンの人には嬉しいと思います。(私はキャラクターにはあまり興味ないのですが。)

豆腐の味って、価格にかなり比例しますよね。
私も男前豆腐は結構好きです。
この本を読んでいたら豆腐が食べたくなったので、今日は男前に牛薄切りを巻いて豆腐ステーキにしましたよ。でも男前、もろくて崩れやすいので注意が必要です。

Banner_04←豆腐は意外と脂質が多いらしいです。

| コメント (2)

ぬるいハヤシライス

用事で元町へでかけ、お腹がすいたのでお昼を食べることにしました。
その日の気分は「オムライス」だったのですが、適当なお店がなく、ある喫茶店でハヤシライスを食べました。
数ヶ月前にも入ったことのあるお店で、まぁまぁおいしかったのです。

ハヤシライスはライスとハヤシソースが別々のお皿に上品に盛り付けられて登場しました。
ところが。
ぬるいよ、ライスもソースもぬるいよ。
ぬるいご飯なんて、味がよくてもおいしくないよ。

しくしく。

しょっちゅうおいしいものが食べられるなら別ですが、こっちは一食一食が貴重なんですよ!なんてことしてくれるんだよ。
裏切られた思いだよ。

しくしく。

Banner_04←飢えたナキウサギに同情の一票を。

| コメント (2)

雅楽演奏会@皇居 レポート

雅楽演奏会のレポート作成しました~。

http://homepage3.nifty.com/nakiusagi/report/report16.htm

では、これから図書館に行ってまいります。

| コメント (0)

2006年10月28日 (土)

おいしいもの ~紫禁城の天津甘栗~

今週はおやつに天津甘栗を食べていました。

甘栗、子供のころは高級品だったけど、今はちょっと頑張って1500円パックだって買えるよ。収入があって良かったなぁと思う。

子どもの手では殻を剥くのは難しく、親が剥いてくれるのを鳥の雛みたいに口開けて待っていたものです。自分で殻を剥けた日は一つ大人になったと思いましたよ。

昔の甘栗には数個に一個は硬かったり黒かったりしぼけてたり食べられない状態のものが混ざっていました。
家族で分けて食べていたとき、妹があんまり自分のにハズレが多いので、父親から奪って開けてみたらそれもハズレだったことがあります。マヌケな奴。
今回買った甘栗は駅構内で売られていたもので、全然ハズレがありませんでした。

しかし職場で食べると目立つね。
これが「甘栗むいちゃいました」だったら問題ないと思うのに。
殻があるかないかが分かれ目ですかね。
後輩が「あ、甘栗いいなぁ」と言ってきたので、一つあげました。これで君も共犯だよ。

Banner_04←甘栗片手に働くナキウサギに人気投票にクリックお願いします

| コメント (4)

有意義な日曜日

雅楽演奏会の後、有楽町に向かった。
友人K提案の「ごはんカフェ」に、友人Aと私は即座に食いついたのだ。

途中、外国の人に道を英語で聞かれた。
誰も英語できないよ。
物怖じしないKちゃんが、地図で行き先を指し示していた。
その後、おばちゃん3人組にも道を聞かれた。
誰もその場所を知らない。
3人とも、道を聞かれたりシャッター押しを頼まれることが多い。
Aちゃんは更に、迷子に頼られることも多いという。

Gohan_1

ごはんカフェに到着。
混んではいたが、回転がよく、すぐに座れた。
ごはんを炊くのはガス釜か電気釜か、気になるところだ。

林家木久蔵さんの話になった。
「木久蔵」の名を息子に譲り、自分の名は公募するという。パンダっすか!
「きくちゃん」と呼べなくなるのは嫌だから、ファンの人なら絶対に「きく○○」という名前を投票するのではないか、と意見が一致した。
私は息子さんがいたのも知らなかった。
Aちゃん曰く、きくおさんは古典落語もできるし、「いやんバカン」もできる、でも私に言わせるとバカ度が足りない!ということだった。
「きくちゃんを見ているからかなー」とAちゃん。そりゃ、合格ラインが高いよ。
そのあと、最近よく笑点メンバーがCMに出ていて嬉しいとか、歌さんは私達が子供のころからおじいちゃんだと思っていたのに意外と若かったとか、話した。

それから、「芸能人一ヶ月一万円生活」の話。
あれ絶対バックに節約メニュー考えてる人がいるよね!浜口が普段からパン焼いたり麺作ったりしているわけがない!とどうでもいい話を力強く語ってしまった。

ごはんカフェはごはんミュージアムの中にある。
売店を見たり、イベントコーナーでマンゴーの試食をしたり。
「ごはんぢゃワン」という犬のキャラクターがここのマスコットらしい。UFOキャッチャーゲームが置いてあり、中身はこのマスコットのぬいぐるみキーホルダーだった。このUFOキャッチャーは100円で2回。お得だ。
Kちゃんが挑戦したが、惜しくも届かず。私は一時期UFOキャッチャーにはまっていたので、早速挑戦した。だめだぁ、あと少しなのにい。Aちゃん(得意とみた)が挑戦したら、見事獲得。キーホルダーはKちゃんにあげていた。そう、UFOキャッチャーをやるのは景品がほしいからではなく、獲得するのが楽しいからなんだよね。

食事にまつわる書籍を集めた一角があった。
おでん・牛すじ問題について何かわからないだろうか。
地方の食事とか、冬の食事といった本を開いてみる。
いつしかAちゃんも調べてくれていた。
まず索引を見るところが、さすが調べごとに慣れているという気がする。
結局はっきりしたことはわからなかったが、本の中の東京のおでんには牛すじは入っていなかった。

次に、銀座で有名なタルトの店、「キルフェボン」へ行ってみた。
実は私は今まで3回ほど行こうとしているのだが、道に迷って辿りついたことがないのだ。
今回は、行動派のKちゃんがプランタンの受付嬢に聞いてくれたおかげで場所がはっきりした(紙百科の角を曲がるのだ)。しばらく歩くと周りの無愛想なビルの中で1つだけ可愛らしい建物があり、すぐにそれとわかった。看板は出ていない。看板なんかなくてもという自信があるのだろう。
イートインもテイクアウトも長蛇の列だった。私達の直前にいた人がお店の人に聞いたところ、「イートインは2時間半待ち」だそうだ。ディズニーランドか!皆、まず受付して、時間まで買い物でもして時間を潰しているのかもしれない。私達は諦めが良いので、メニューのチラシだけもらって外に出た。

それから、沖縄物産店へ行った。有楽町にはこのようなアンテナショップが多いらしい。
沖縄のお菓子というと、やはり「ちんすこう」だ。色々なバリエーションがある。
そのうちの一つに「親思コウ」という漢字表記を発見した。ちんすこうって、こういう字なの?イヤ違うはず、と私達は他の商品の確認に回った。ほとんどがひらがな表記だが、他に「金楚コウ」(コウは忘れた)というものもあった。
そのメーカーが独自の当て字をしているのだろうか。

そうこうしているうちに、帰る時間となってしまった。
今日は盛りだくさんな内容だった。
なんといっても、友達と過ごせるのはとても楽しい。

Banner_04←長文読み終わっておつかれさまです。人気投票にクリックお願いします

| コメント (0)

無意味な時間

図書館へでかけた。
今日は時間があるので、雑誌の棚をブラブラした。

今まで目に入らなかったけど、将棋の雑誌なんてのもあるのか。
「しかし羽生は強かった…ふわりと五5角」「○○氏は光速の寄せと呼ばれ」…。??
自分の知らない世界の本というのは、使われる言葉も何か異世界を感じさせる。

ダ・ヴィンチ最新号もある。
バレエを題材とした漫画が連載されていて、第1部の最終回だった。

貸し出しカウンターのそばでは、周辺地域で発掘された土器などが展示されていた。ショーケースに入ってるわけでなく、トレニアに並べてあるだけだ。きっと、ざくざく見つかっていて珍しくもないのだろう。
見ているのは私のほかおじさん二人だけ(しかも全員メガネ)で、子どもは未定なかった。

帰り道、遠回りをして川べりを歩く。
ボンヤリただ歩くのはけっこう落ち着く。
考えるともなしに色々なことが頭に浮かんでくる。
川の上の石にサギが留まっている。
大きな柳と、その陰に十月桜がひっそり咲いていた。
母が「柳のような生き方を目指してる」と言っていたことを思い出す。
私はこの柳を見ても「葉っぱがもっさりしていて重そうだね」くらいしか思わない。母は感性が豊かでうらやましい。

久しぶりに無駄にブラブラした。
こういう、何も生産しない無意味な時間が好きだ。

Banner_04←無の気持ちで人気投票にクリックお願いします

| コメント (0)

目を大切に

コンタクトレンズ(ハード)を使用している。
昨年、メニコンの「メルスプラン」に加入した。
年会費を払うと、破損・汚損のレンズの交換は無料、何もなくても一年ごとに無料交換してもらえるというシステムだ。
年会費一年分で考えると、普通にレンズ買う金額と大差はないが、自動引き落としの方だったら交換しなきゃ損ということで一年に一度は確実にレンズ交換するようになるので、目には良いと思う。

一年目のレンズ交換の時期が来たので、眼科に行ってきた。
最近レンズが曇るようになって困っていたのですが、レンズ交換まで我慢していたのだ。
すると検査員さんに「もっとこまめに来ていいんですよ」と言われた。そうなんだ。
視力検査ではいつものことだがまったく見えない。検査用の眼鏡をかけ、レンズを換えていくのだが、今日はどのレンズを入れても見えない。
「えぇと…右…ですかね?」
検査員の人に悪い気がして、目を凝らしてしまう。
「目を細めなくていいから」と言われるが、本当に全然見えなくて困った。

重度の近視に乱視も入っていて、毎回のようにレンズの度数を上げている。どうしよう、このまま目が見えなくなったら。
中学生のとき布団の中で本を読んでいたのが原因だ。
目が悪いと不便なだけでなくお金も時間もかかる。
今視力が正常な方、くれぐれも目を大切に。。

Banner_04←人気投票にクリックお願いします

| コメント (2)

2006年10月22日 (日)

雅楽演奏会@皇居

宮内庁楽部の雅楽演奏会に行ってきました!
いやー楽しかったです。

今日はもう遅いので、また後日レポートアップします。
よろしければ来週日曜にでもチェックしてみてください。

Banner_04←内容なくて恐縮ですが、人気投票にクリックお願いします。

| コメント (5)

2006年10月21日 (土)

最近読んだ本「夏と夜と」

鈴木清剛「夏と夜と」

軽いよ…。
「わたしを離さないで」の後ってこともあるけど、軽いよ。
いや、これはもっと若い年代向けの本なのかもしれない。
以前、同じ作者の「ロックンロールミシン」というのを読んだことがあります。
自分の進路に迷う若者たちの青春群像小説です。
「夏と夜と」の主人公たちも迷ってます。
いやもう、そろそろ落ち着けよ!と思ってしまいます。
いや私だって迷ってるけどさ、家庭を持ったらもうちょっと考えたまへ。
あーでも…文学の主人公って、たいてい傍迷惑に迷ってますよね。仕方ないか。

フリーで洋服のパタンナーをやっている主人公(名前忘れた)は、結婚数年になる妻と暮らしている。平和な生活だが、なぜか満たされない思いもある。
ある日、専門学校時代の友人の一人、和泉みゆきと再会する。和泉は最近、十年前に事故で死んだ共通の友人スウちゃんの幽霊を見るという。…

なんか、無駄な設定&装飾が多いのが気になりました。
最初の方に出てくる玄米ご飯・豆腐のマクロビオティックな食事はなんのために出てきたんだか。それと繋がる記述がまったく出てこない。若い女性にオシャレと思わせたいのか?なんか気持ち悪い。
冒頭と最後に出てくる(そして装丁にもある)「ウイ?」「サバ?」「ノン?」も特に何を象徴しているわけでもなさそうだし。
星型のブローチもそうだし。
太極拳もそうだし。
森とか沼ももうちょっと書き込んであればなぁ。
色々小道具出してる割に、一つ一つに思い入れがない感じ。。
登場人物も個性的な人が多いのだから、もっと掘り下げていけばいいのに。

そして何より文章が女性っぽいのがだめなんだ。これは好みの問題ですが…。

話自体は面白いので読んで損ということはないですが、[「私の場合は」心には深く残らなかったです。。

Banner_04←読了しておいて文句たれる小姑ナキウサギに一票を!

| コメント (2)

最近読んだ本「わたしを離さないで」

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」

※ネタバレあり

外国が舞台の本はあまり読まないのですが、すいすい読み進められたのは、本そのものが面白かったのと、語りが一人称だったのと、翻訳が上手だったからでしょう。
ただ、十代の男の子が「わからん」とかそんな口調なのはいちいち引っかかってしまいました。

キャシーは「提供者」と呼ばれる人々の「介護人」をしている。
そして自分もゆくゆくは「提供者」となる。
自分たち提供者が育った施設、そして仲間たちのことを思い出す。

人造人間の話だと、たいてい人造人間たちが結託して反乱を起こし、自分たちの運命を切り開こうとしますが、この話はそんな単純なものではない。
望んでいるわけではないが、「結局はそれが使命」と、受け入れていく。
それが切ない。
重い話ですが、有り得ない話でもなく、考えさせられます。
…って、私が何か書いても上手いこと伝えられないなぁ。。
すいませんねぇ。

しかし何故カセットテープなの?未来の話だと思うけど。それともパラレルワールド?CDじゃ味気ないか。。。

染色体には両端にテロメアという染色体を保護するためのキャップのようなものがあり、それが細胞分裂の度に消耗していく。クローンのテロメアは誕生したときから元の固体と同じだけテロメアが消耗していて、だから元の固体よりも寿命が短いはず、という話を昔聞いたことがある。
羊のドリーのテロメアも短かったとか、イヤ通常の長さだけあったとか言われていたが、結局のところどうなったんだろう?少し前にドリーは亡くなったが、他の羊に比べて寿命は短かったのだろうか?

Banner_04←クローンよりもコピーロボットがほしいナキウサギに一票を!

| コメント (0)

おいしいもの ~マダム・ヨーコのチーズスフレ~

これまでも何度か紹介してますが。
高島屋にお店が来ていたので、当然買いました。
あー…おいしいです…。

見た目はドラ焼きに似てます。
外はフカフカのカステラ、間には柔らかいチーズクリームが挟まっています。

北海道に「ゆきむしスフレ」という似たお菓子がありますが、マダム・ヨーコのはカステラに弾力があり、チーズにほどよい酸味があります。個人的にはマダム・ヨーコのが好みです。

Banner_04←そうはいっても北海道では「ゆきむしスフレ」を食べるナキウサギに一票を!

| コメント (0)

2006年10月20日 (金)

豆腐のおじさん

日曜のウルルン滞在記で麻婆豆腐の話をやっていたので、今週末は麻婆豆腐を食べようと心に決めていました。
その誓いを果たすべく駅ビルの豆腐屋さんへ。
地元スーパーにはおいしい豆腐がないのですよ。

******************************
そういえば、そのスーパーには前は「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」が置いてあったのだが今はなくなり、その代わりに「波乗りジョニー」というのが並ぶようになった。「風」の方はパックが二つに分かれていたので食べ切れたが、「波」の方は同じ大きさで一つのパックなので、とても食べきれなそうで、買う気がしない。
******************************

ここの豆腐屋には若い女子店員二人くらいのほか、今年になってから?メガネをかけた割と年配の男性店員が登場しました。このおじさんの接客がとても良いのです。

この豆腐にしようかなーと思ったころに「承ります」と声をかけてくれます。
「お決まりですか~?」という、それこそお決まりの文句に慣れているので、「承ります」が新鮮です。
言葉遣いが丁寧だし、手早いのに慌しい感じはしない。
今日は、私が「この袋に一緒に入れるので、袋はけっこうですよ」と言うと、「よろしゅうございますか。つぶれるものはありませんか。あ、下に豆腐を置きましょう。豆腐は上からの力に強いです。」と、他の買い物の心配&豆腐の特性紹介までしてくれました。

もー、おじさん、なんか嬉しいよ。また豆腐買っちゃうよ。

Banner_04←明日おいしい麻婆豆腐ができるよう、応援クリックお願いします。

| コメント (2)

おいしいもの ~ペックのイングレーゼ~

高島屋のペックのパン売り場に、明日の朝のパンを買いに行きました。

ちょうど、イングレーゼという山型食パンの焼き上がり時間だったので、そいつを買ってみました。
帰りの電車の中でも、やきたてのパンの良いにおいが…。
たまらなくなって、家に帰って早速食べてしまいましたよ。明日の分だっての!
もしゃもしゃ。
うーん、しっとりもちもちの中身もおいしいけど、底の部分のパリパリが一番おいしい。こんなにおいしいのは、焼きたてだからかねぇ。

パン好きな人は硬いパンが好きな人が多いようだけど、私はごはん党のせいか、あまり硬いのはのどを通らないんだよね。

ペックはお惣菜もおいしいけど、でも庶民には高いよ。

Banner_04←一日一クリックお願いします。

| コメント (2)

おいしいもの ~中村屋のピロシキ~

前日遅かったので、定時退社した日。

眼科に行ってそごうでデパ地下弁当を買って、さぁ帰ろうとしたら、出口に向かう途中で期間出店している中村屋が目に入りました。
しかも、「本日最後のピロシキ、揚げたてです!」などという声まで聞いてしまいました。

ふっ…ピロシキなんて、そう飛びつくほどのものではないけど、1つくらい買ってあげてもよくってよ。

ひとつ買いました。

家に帰ってまだ温かいピロシキを食べてみると、想像以上のおいしさでしたっ!
外はさくっと、具の味はさほど濃くないけど胡椒が効いてます。
おいしいよう。もっと食べたかったよぅ。

Banner_04←この後さらに聘珍楼お惣菜セットと広東風やきそばを平らげる冬眠前のナキウサギに応援お願いします。

| コメント (0)

2006年10月18日 (水)

007

007といえば、ジェームズ・ボンド役が次回から変わるそうですね。
ピアース・ブロスナンも結構長かったのかな。

映画雑誌で読んだんだったか…最初、メル・ギブソンに打診したら「そんな退屈な映画には出ない」と断られ、ピアース・ブロスナンに決まったという話を聞いたことがあります。
メル・ギブソン…どう考えてもジェームズ・ボンドじゃないだろ!ウェポンだろ!
ピアース・ブロスナンの前(ロジャー・ムーアの後?)の人も、ちょっと違った。

最初にTVで見たジェームズ・ボンドがロジャー・ムーア(広川太一郎)だったのでそのイメージがあるのですが、その次にピアース・ブロスナンが合っているかなぁと思っています。

Banner_04←ジェームズ・ボンドって、割と簡単にやられちゃいますよね。

| コメント (0)

SPEAK LARK のCM

もう十数年前?
タバコのLARKのCMが好きでした。

007風のストーリーで、敵に追われた主人公が危機を脱して最後にタバコ片手に「Speak LARK」というセリフを言うものです。

主人公の役者は何回か変わっていて、最近まで007の映画でジェームズ・ボンドをやっていた、ピアース・ブロスナンが務めていたこともありました。

当時彼が主演の「探偵レミントン・スティール」というドラマがあり、途中でLARKのCMが流れていました。私はこのドラマを毎週録画していて、CMも繰り返し巻き戻して見ていました。

最近、タバコのCMないですね。
やらないことになったんでしたっけ?
タバコは嫌いだけどタバコのCMは銘柄それぞれのイメージがあって面白かったです。

Banner_04←「SPEAK LARK」がどういう意味なのか未だにわからないナキウサギに一票を。

| コメント (4)

2006年10月17日 (火)

ハラダのお茶のCM

私のお気に入りのCMです。
嫁(さとこさん)と姑(お母様)の掛け合いで、コントみたいな単純なストーリーなのですが、楽しいです。

このシリーズは長く続いていて、お嫁さんの役の人も途中で代わっています。
前の人は少々か弱そうなイメージでしたが、今のさとこさんは現代っ子で、お母様とも互角にやりあっているので面白いです。

特に気に入ってるのは、二人がそれぞれにお茶を入れて、ダンナ(珍しく登場)に「それで、どっち(のお茶)が、おいしいの?!」と迫るもの。
ダンナは結局なんと答えたんだろう。きっとそれこそお茶を濁したんだろうね。
商品名コールの後、二人が正面を向いてお茶を飲む奥のほうで、ダンナさんが自分でお茶を注ぎ、ほっとした表情で飲んでいます。
板ばさみになりながら飲むより、自分で淹れたお茶が気楽でおいしいということなのでしょう。

この二人、イヤミ言ったりケンカしながらも、仲の良い嫁姑なのです。
お母様はよその奥様に「さとこさんも、あれでいいとこあるのよ」と言っているし、さとこさんがお母さんの肩もみしたり、一緒にゴハンを食べに行ったり。
同じお茶を飲んでいれば、いろいろあっても楽しく暮らせるというメッセージなのかも。

Banner_04←お茶を飲むとトイレが近くなるナキウサギに励ましのクリックを!。

| コメント (0)

こんな夢を見た。

白い小さな紙箱をもらった。中身は、表面をガラス玉で飾られた10cm弱の長さの十字架だった。私はキリスト教徒ではないのでどうしようかと思っていると、それは十字架の形をした薄汚れた消しゴムに変わった。
観光バスのようなものに乗って、出発を待つ。
隣の席には友人Wが座っている。
窓に青緑のビニールが張られているので、朝方のような、曇りのような、空の色が判然としない。
私はとてもお腹がすいて、消しゴムを食べようかなと思う。
Wが、「私にも外側だけちょうだい」と言うので、外側をカッターで削って渡す。
「でも、外側だけじゃおいしくないでしょう」と言うと、Wは「そうだね、皮を食べてるようなものだよね」とうなずいた。

電車に乗っている。
東横線だろうか、私鉄だと思うのだが、窓の外の風景は恵比寿駅の近くに似ていた。
私の隣に金髪でセーラー服を着た女子学生が座っていて、何か話し掛けてきた。必死にカタカナ英語で答えていると、図鑑のようなものを取り出し、表紙をこちらに向けてきた。白い表紙に、青空に向かってそびえる日本の城と、ツバキの花の写真が載っていた。「城郭とXX」というタイトルの本だった。
「城郭が好きなの?」というと、学生は今度は日本語でまくしたててきた。
なんだ、しゃべれるんじゃんと思っていたら、次の駅について、その子は降りていった。

Banner_04←夢の中でも空腹なナキウサギに一票を!

| コメント (0)

2006年10月16日 (月)

文化系人間の気合

土曜日あたりから鼻がムズムズして、日曜の夕方には鼻水垂れ流し状態になっていました。もしや、秋の花粉症?と思っていたら、どうやら風邪だったようです。喉が痛いです。
子供のころ風邪を引くと、母親に「心に隙があるからよ!」と怒られました。確かに、体力があれば風邪は引かないし、免疫が落ちているときでも普段以上に気をつけていれば(早く寝るとか、靴下はくとか)風邪を引くことはないのです。「絶対に風邪を引かないと決意していれば引かないのよ!」という母の意見は無茶なようで割と正しいと今でも思っています。
そして、「引いてしまったら、絶対に一日で直す!という強い気持ちで治しなさい」と言われたとおり、たいてい気合で治しています。気持ちだけの問題ではなく、そういう決意でいれば治るような振る舞い(真剣に寝る、栄養を摂る)が自然とできるのです。
ですので、今回は土曜日の鼻ムズムズの時点で気をつけなかったのは私の油断であったと反省しております。

日曜の夕方のこと。
サバ味噌煮の鍋を動かしたあと、手から外した鍋つかみを後ろの棚にポイと置きました。
それから少し経って、目の前のタイル張りの白い壁が赤く染まっているのに気がつきました。仰天して振り返ると、後ろの棚の鍋つかみから割と大き目の火が出ているではありませんか!ヒー!!
自分でも意外なほど冷静に、鍋つかみの火が出ている部分だけを、流しにあった水を張った鍋にボチョンと浸しました。鎮火。
鍋つかみから引火して、アルミホイルの箱もくすぶっていたので、これも鎮火。
あぶねー!!
どうやら、サバ味噌の鍋からグリルの火がはみ出して、鍋つかみに引火していたようですね。それに気づかぬとは迂闊すぎました。

こういう、小さな体調不良や事件は、警告ですね。今の私は間違いなく心に隙があります(断言してどうする)。大きな事件が起こる前に気を引き締めないと。とりあえず今日は早く寝ますよ。

Banner_04←気合を入れながらクリックお願いいたします。

| コメント (6)

こんな夢を見た。

体育館でバスケットボールの試合に参加している。
ドリブルしてシュートして、私も普通にチームに貢献している。
(実際はドリブルができない)

お気に入りのグレーのシャツの袖を、肩に近いところと肘部分の二箇所切り離して、また縫い合わせている。
途中で取り返しのつかないことをしたと気がついて、またシャツを買いなおそうと、買ったお店のことを思い出そうとしている。
傍らを見ると、白いセーターも同じことになっている。

Banner_04←夢2本分のクリックを!

| コメント (0)

2006年10月15日 (日)

おでんの具(牛すじ)についての情報求む!!

おでんに牛すじを入れる入れないは地域によるのでしょうか?
ぜひとも皆さんの情報をコメント欄にちょうだいしたいです。
普段ROM専門のあなたも是非に!

きっかけは、以下2つの記事です。

静岡おでん缶
静岡おでん缶の中身

●これまでの情報
・ナキウサギ(横浜)、父(横浜)、母(新潟)とも、牛すじは入れない。
・静岡おでん缶には牛すじが入っている。
・名古屋出身の某さんは、牛すじを入れる。
・信州出身の某さんの家では、牛すじは入れない。
・名古屋育ち(今は違う)の某さんの家では、牛すじは入っていなかった。
・名古屋育ち(今は違う)の某さんが行った名古屋料理店では、牛すじは入っていなかった。

その他、おでんの具は地域によって異なると思います。
うちはこんなの入れるよーとのお話も聞けると嬉しいです。

ナキウサギ家では「大根、じゃがいも、ゆで卵、昆布、はんぺん(白)、ちくわ、さつま揚げ、ごぼう巻き、こんにゃく」くらいかな…。

Banner_04←情報とともに、人気投票のクリックもお願いします♪

| コメント (4)

堀北真希さん

昨日の「王様のブランチ」に「鉄板少女アカネ!!」の出演者たちが出ていた。
役者でも歌手でも、話し上手や笑いを取れることが求められているようで、特に若い芸能人は本業以上にトークを頑張っているように思える。
でも、このドラマの主役の堀北真希さんは、ちょっと違った。
「鉄板焼きの修行は相当時間をかけたようですね。どのくらいやったんですか?」と聞かれて、要領の良い人なら、「まる一日やりました!」と自信満々で言うものだが、彼女にとっては一日では少なかったのだろう、「時間がなくて一日だけだったんですけど…」と謙虚に答えていた。正直すぎるよ!
その後も、話が見えにくかったり順序立てができていなかったりしたけれど、一生懸命伝えようとしていた。元々口下手なのかもしれない。ソツなく話す人が多い中で珍しいけど、頑張ってほしい。いや、そのままで良いけど。

本音を言えば、自分も話下手なので他人事と思えないんだ~。がんばれ~。

Banner_04←そんなナキウサギに応援のクリックお願いします。

| コメント (0)

こんな夢を見た。

母の実家の新潟に来ている。
実際とは違い、港町の駅近くで、商店を兼ねた民家が連なっている。どれも木造の古い作りだ。
母の実家にも魚屋のようなショーケースがあり、食堂をやっているのか、安手のベニヤ合板のテーブルと、丸い座面に赤や緑のビニールが張ってある、背もたれのない椅子が店内にある。

私は店のショーケースの前の発泡スチロールの中身をのぞきこんでいたが、店の中の人に気がついた。
大槻ケンヂだった。
(多分、昨夜ネットで彼の名をみかけたからだろう)
彼も実際とは違う風貌をしていた。
気分が悪いのか顔が真っ白で目が小さく、顔はふっくらしていた。髪は短かった気がする。帽子をかぶっていたかもしれない。

私は彼に近づいて、「失礼ですが、大槻ケンヂさんですか?」と声をかけた。
彼は力なくうなづく。
「私、あなたのファンの本なんです…いや違う、あなたの本のファンで…」。
彼は、はぁという目でぼんやりこっちを見ていた。
私が「今、お話しても大丈夫ですか?」と聞くと、首を横に振る。
「あっ、お疲れですか?」と言うとまたうなづくので、「では、また今度機会がありましたらお話させてください」と言って彼から離れた。

(確かに…一度話してみたい人ではあるのですが…。)

Banner_04←といっても彼の音楽は聴いたことのないナキウサギです。

| コメント (0)

勝手なお願い

また、いじめによる自殺がありましたね。
ニュースを見るたびにもらい落ち込みしてしまいます。
大人になると、なんであんなに学校中心に考えていたんだろうと思いますが、子供にとっては学校=人生、学校がすべてなんですよね。だから学校でうまくいかないと、人生の落伍者のような気持ちになってしまう。
いじめを克服できれば一番良いですが、それが無理で、死にたいほど辛いのならば、いっそ学校を辞めてしまっていいですよ。死ぬよりはずっとマシです。死んだらなんにもなりません。相手を殺してもなんにもなりません。

(いじめている人、悪ふざけしているだけのつもりでしょうが、あなたの思う100倍は相手は傷ついています。なんかムカつくとか、周りとの付き合いで自分も参加せざるを得ないとか、色々あると思いますが、よく考えてみてください。)

人間、生きていれば死にたくなることはあります。
この先良いことなんてひとつもないんじゃないかと絶望することはありますよね。

学校とか仕事とか人間関係とか、もし死にたい原因から離れる手段があるのなら、それを選択してはどうでしょうか。1つの事柄から一時的に逃げるくらい、死んで人生から完全に降りることに比べれば、ずっとマシですよ。生きていれば、いつか「あのとき死ななくてよかった」と思う日がきっと来ます。
死ぬ本人も辛いですが、残された人も辛いです。
残された人は、ただ悲しいだけじゃなく、死ぬのを防げなかったことで一生自分を責めることになります。

今死にたいと思っている人、事情も知らないくせにすみません。
でも、人が死ぬのは悲しいです。

| コメント (2)

2006年10月14日 (土)

静岡おでん缶の中身

そういえば、静岡おでん缶食べてみましたよ。

Oden2_1

中には、うずら卵、黒はんぺん、さつま揚げ、なると巻き、糸こんにゃく、牛すじが入っています。思った以上に具沢山。さつま揚げがおいしかったです。
大根が入っていないのが残念ですが、大きさ的に缶に入れるのは難しいでしょう。

味が具にとてもしみていました。
製造者は静岡県藤枝市(株)カネセイ食品と書いてあります。

Banner_04←今日も一押し(といわず、二つでも三つでも…)お願いします。

| コメント (2)

朝からラーメンの土曜日

食い意地が張っているので,食べたいものがあれば何としてもそれを食べます。

そんなわけで今日は朝からしょうゆラーメンですよ。
といっても,スープ付きの市販のものですが。
チャーシュー,ゆで卵,ほうれん草,メンマ,のりを入れて,完璧だねと思いつつ食べました。が,食べ終わってからネギを入れていなかったことに気づいて愕然としました。痛恨のミスです!!

お昼は餃子。
なんか,昨日から餃子が食べたかったんですよ。
多めに作って一部は冷凍しました。
ラーメンと一緒に食べればいいじゃんという気もしますが,ご飯と一緒に食べたかったんです。
そのあと,ヨーグルトにリンゴジャムをかけて食べました。
毎年リンゴシーズンに作っているもので,きちんと密閉処理しているので,開けなければ一年は余裕で持ちます。前回はトロトロ系と固め系と2種類作ったのですが,今日のは水分多めのトロトロ系。トロトロの方がおいしいな。

食べたら眠くなって,昼寝。
日が傾いたころに買い物に出ると,空気がさわやかで,こんな良い陽気なんだから散歩にでも出ればよかったなーと,食べて寝るだけの怠惰な自分を若干後悔。
でもまぁ,眠って平日の睡眠不足を解消できたのだから無駄じゃなかったさ。

Cake

おやつはラ・マーレ・ド・チャヤの洋梨のケーキ。
おいしいよう。

夜は,近所のスーパーでキノコ祭りをしていたのでキノコご飯ですよ。
山ほどある礼文島の昆布で出汁を取りましたよ。
これも多めに作って夜食用に冷凍です。
今炊飯器君が頑張って炊いてます。
はじめちょろちょろ中ぱっぱですよ。

色々食べにいくのも好きだけど,結局平凡な食事がほっとします。庶民です。

Banner_04←ご飯を食べながら次のご飯は何を食べようかと考えているナキウサギに,応援お願い致します。

| コメント (0)

2006年10月13日 (金)

今週もお疲れ様でした。

明日なにをしようかなーと考えている金曜の夜はしあわせですね。

眠い…でもタモリ倶楽部を見なければ。

Banner_04←ひとつよろしくお願いします。

| コメント (2)

2006年10月12日 (木)

チョコとチーズとナッツと鼻血

子供のころ、チョコを食べ過ぎると鼻血が出るぞ!とよく父親に言われた。
チーズでも言われたし、落花生でも言われた。
だから未だに、こってりしたチョコレートのお菓子や味の濃いチーズを食べると、「こんなに食べて鼻血出るかな…」と思ってしまう。
だが冷静になってみると、これまでの人生でチョコやチーズを食べ過ぎて鼻血を出した記憶がない。
実際には因果関係はなく、「夜口笛を吹くと蛇が出る」のような、躾のための方便だったのだろうか。

大人は軽い気持ちで子供を担いだり、事実を夢物語にすり替えたりする。
妹は純粋な子供だったので、「スイカの種を飲み込んだらお腹で芽が出てスイカがなるぞ」と言われて以来、スイカの種をすべて取り除いてからでないと食べられなくなってしまった。
人が死んだらお星様になると聞いて、星空が怖くなり、未だにプラネタリウムにも行けない。

大人になって本当のことがわかっても、子供のころに聞いた話は、知らず知らずに影響を残しているようだ。

Banner_04←そして今日もチョコを食べるナキウサギに一票をお願いします

| コメント (0)

連休の沖縄を甘く見ていた

9月ころ、11月の連休に沖縄に行こうかという話が持ち上がっていたのですが、まぁ10月に入ってから手配すればいいかーとのんきに構えておりました。

でも、今日申し込みに行ったら、もう飛行機がいっぱいでした。
ががーん。
そうなのか…もっと早くに予約しなきゃいけないものなんだね。。
知らなかったよ。

一度も行ったことのない沖縄。
また遠くなってしまったよ沖縄。

Banner_04←肩を落としているナキウサギに励ましのクリックを…

| コメント (0)

2006年10月11日 (水)

本日のささやかなシアワセ

・朝から雨かと思っていたら、日が差していて、窓を開けて空気の入れ換えができた。
・少々寒かったけど、お釜のご飯をかき混ぜていたら良い具合に暖かくなった。
・朝ごはんのカレーの残り(三日目)がかなりおいしかった。
・通勤途中に読んでいる本が思いのほか面白い。
・予定通りに作業が進んだ。
・仕事中、同僚と立ち話して気分転換できた。
・夕方雨が降っていたが、帰るときにはやんでいた。
・帰りの電車が空いていて座れた。
・今年初めての新米を買った。
・明治おいしい牛乳が安かった。
・2日しか会社に行っていないのに、もう週の真ん中だ。

というわけで、明日も頑張ります。

Banner_04←クリックしていただけるとシアワセ追加。

| コメント (2)

2006年10月10日 (火)

カレーライスは平和の象徴

カレーだとおかわりしないわけにはいかない気がして食べてしまい、毎回気持ち悪くなってしまうナキウサギです。
十代のころは大盛り4杯はいけたんだけどなぁ。
最近大盛り2杯が限度です。

昔はカレーの肉は豚コマでしたが、最近はカレー用の四角い豚肉(名前忘れた)を使っているのですよ。
いやー出世したもんだねぇ。
…ささやかだ…ささやかすぎる。
でもそれが幸せってものさ!

Banner_04←投票していただけると更に幸せになれます!(私が)

| コメント (4)

2006年10月 9日 (月)

アニメランキング100

アニメランキング100♪しょっちゅうやってるな、この手の番組。
と思いつつ、見てしまいました。
うーん、どれもこれも懐かしい。
今思うと謎だがハイスクール奇面組好きだったなぁ。

と、ベスト20に突入したところへ妹から電話が!
こんなときにかけてくんなや!
彼女の好きな番組は「伊東家の食卓」と「ためしてガッテン」で、バラエティはほとんど見ないのだ。

ついつい上の空でテキトーな相槌をしてしまう。
「ちょっと聞いてんの?」
「あ、ゴメン、いま北斗の拳が…」

ちなみに1位はルパン三世でした!

Banner_04←赤ルパンが好きなナキウサギに一票お願いします。

| コメント (2)

たそがれ泣き

妹の次男がコリックらしい。
コリック別名たそがれ泣きは、夕方になるとヒステリックに泣く症状のことで、生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんに多いそうだ。原因不明なので手のうちようがない。
まぁねー大人だってたそがれ時は泣きたくなるからねぇ。

昨日遊びに行ったら、さっきまでニコニコしていたのに、いきなり大泣きが始まった。その声量はものすごく、このエネルギーで発電でもできないかねぇと思わせるほどだった。
これが何時間も続くこともあるそうだ。偉いよ妹、こんなうるさいのにちゃんと育ててて。赤ん坊がしゃべるようになったら、この恩を植えつけておいてあげよう(やな親戚)。

目立ちたがりの兄のほうは旦那の実家に預かってもらってるらしい。
一人うるさいのがいなくてよかったねーと私は思ってしまうのだが、妹としては「育児放棄しているようで心苦しい」そうだ。そんな真面目じゃハゲるよ!

世の中のお母さんは偉いよ…。
産むのもひと苦労な上、こんなに頑張って育ててさ。
なのに反抗する子供の気が知れないよ。
生かしてもらってるだけで有難いと思わないとね~。

Banner_04←そんなわけで反抗期にも反抗できなかったナキウサギにクリックをお願いします。

| コメント (0)

それを言っちゃあおしめぇよ

人間関係で言ってはいけないことの上位に入る言葉。
「だから言ったじゃないですか!」

女子から男子へ向けられることが多いです。
言いたくなるのもわかります。
女子の忠告を聞かずにコトを進めた結果、心配したとおりの事態に陥ってしまうというのはよくあることで、しかもそれが過去何度もある。
同じことを繰り返すお馬鹿さん。
だから言いたくなるんですよね。

でも、これを言っても事態が好転することはない。
男子は不愉快になるし、女子も言って気が晴れるわけじゃない。
だったらとりあえず、黙って次の策を考えるしかないですよね。
きっと同じことはまた繰り返されると思いますが。

Banner_04←ところでタイトルの言葉って元はどこから来ているんだろう?

| コメント (1)

本日も負けました。

今日の将棋は、ななんと私が優勢になりました。
相手は守りに金しかおらず、こっちの攻めは角と金。
も、もしかして勝てる?!思わずニヤけました。
(勝っても相手は飛車角落ちてるから!互角じゃないから!)

でも、これまで勝ったことないのでどう追い詰めればいいか全然わからないんですよ。
ぐずぐずしているうちに王がつるつる前に逃げていくんです。動くなよ!
(今日のおさらいによると、そういう時は香車かなんかを取って、王の前に張っておくべきだそうだ)

で、「これじゃーいつまで経っても捕まえられないよー」とか思っていたら、私の王がやられちゃいました。ふひー!
いつの間に…。

今日はいいとこ行った分、ダメージ大きいです…。
しばらく床に転がってました…。

Banner_04←ようやく起き上がってきたナキウサギに、クリックお願いします。

| コメント (2)

2006年10月 8日 (日)

ナキウサギの成分

Seasons」のじゅんたさんより、成分解析占いというサイトを教えていただきました。
こういうのが流行っているとは知らなかった。さっそくやってみました。

ナキウサギ の67%は生クリームとバナナで出来ています
ナキウサギ の30%は相撲で出来ています
ナキウサギ の3%は明るい未来で出来ています

おいしそうです。
もしかして、一時期コンビニで人気のあった「まるごとバナナ」でしょうか。
お相撲という成分が解せませんが…。

ちなみに平仮名だと…。
なきうさぎ の80%は暇な職場で出来ています
なきうさぎ の11%はレタスで出来ています
なきうさぎ の9%は電磁波で出来ています

なんか夢がないよ!

Banner_04←カタカナのナキウサギに人気投票お願いします。明るい未来を築きます。

| コメント (2)

ねてかさめてか更新のお知らせ

本体サイト「ねてかさめてか」を更新しました。詳しくは「ねてかさめてか」の更新履歴をご参照ください。
ブログに慣れると、タグ打ちが面倒に感じられますね。いかん。

うう、ものすごく眠いです。

Banner_04←本体見に行く前に人気投票のクリックもお願いしますっ。

| コメント (2)

2006年10月 7日 (土)

おいしいもの~九つ井の蕎麦~

九つ井」(ここのついど)という日本料理のお店に行ってきました。9ido2_2

名前は知っていたのですが、友人Wがここのおそばのことを「今まで食べた中で一番おいしかった。」と言うのを聞いて気になっていたのです。おいしいものを食べ慣れているWがそこまで言うとは…。
ただ、アクセスが駅からバス利用なので、なかなか行けずにいました。
今回は、ドレッシング飛び散り事件のIさんが「大船ラドン温泉(九つ井の近所)に行ってみたい」というので、お互いの行きたいところに付き合う形で、一緒に出かけました。

大船ラドン温泉は大船駅から無料送迎バスで数分。
こんなところに温泉があったのか。。
ラドンって、怪獣みたいな名前だけど、お風呂の中に色々能書きが書いてありましたよ。古いけど、お風呂は割と広いし休憩室もあるので、お客さんはたくさん来ていました。食堂ではカラオケ大会が行われていましたよ。こんな空間があるとは。

その後、ラドン温泉横の坂道を上って、陶芸工房「陶郷」(すえのさと)へ行ってみました。ここで、「九つ井」で使用する器を作っているのです。
個性のある器が展示・販売されていました。
あー見ているとほしくなるよ。前菜をほんのちょっぴり載せるような小さな器がキレイだったけど、これに何を盛るのかと自分自身に問うと、うーん。。うちに置いても宝の持ち腐れか。。
でも1つ買っちゃった。今度来るときは自分の家で必要なものをよく検討しておこう。
Iさんは、「こんぺい灯」という、金平糖の形をしたランプに心奪われていた。緑色のは伊東四朗の番組の「モヤっとボール」みたいだった。Iさん、確かに面白い形だけど、それ3万円以上してるよ!

さて、今日の(私にとっての)メインイベント、「九つ井」にやってきましたよ。
広い駐車場を通り、竹やぶに囲まれた小道を抜けて、門をくぐります。

9ido1

器だけじゃなく、エクステリアも「陶郷」製のようです。門から店までに敷かれた石の道はお品書きになっています。

昼食と夕食の間の中途半端な時間だったため、お客さんは2組しかいませんでした。
メニューを広げると色々あって迷いましたが、お腹の方はまだ本格的な夕食をとる状況ではなかったので、おそばにしました。
誰かのエッセイで、「一人で蕎麦屋で酒を飲めるようになりたい、それが大人の男だ」というようなことを読んだことがあります。そうかぁ、かっこいいなー。
私は天ざるそば、Iさんは鬼おろし、栗ムース豆腐なるものも注文しました。
おいしかったです。食べるのに夢中で、写真を撮っていません!
めったに「おいしい」と言わないIさんが、「おいしい。これならお金払っても惜しくないし、また来たいと思う」と驚いていましたよ。すごいぞ。
店員の女性の対応もよろしく、今回はIさんも気持ちよく過ごせたのですが、最後に罠が。会計をしようとレジに行くと、そこに座っていた男性が携帯メールをしていたのです…。Iさんは「仕事中に客の前で携帯メールなんて、プロ意識に欠ける。」と若干ご機嫌を損ねてしまいましたよ。残念!
今度はお蕎麦以外のものも食べに来たいなー。

ちょうどバスが来て、大船駅に戻れました。バスの本数は結構多かったです。

9ido3

周辺はこんな景色。

Banner_04←そば湯が好きなナキウサギに一票お願いします。

| コメント (2)

中秋の翌日の名月

昨日の中秋は雨で残念でしたが、今日の月は見事でしたね!

真ん丸くて大き目の月が低い位置にぽかりと浮かんでいます。
月の黄色い光に照らされて、月の周りの雲も明るく輝いていました。

嬉しくてデジカメで撮ってみたけど、全然眼で見たのと違う!
かえって感動が薄れるので、デジカメ画像は消去しました。

あー、こんなことなら団子を用意しておくんだった。
まぁいいや、真ん丸いライスコロッケを買ったから。

Croket

Banner_04←食べ過ぎて顔が丸くなっているナキウサギのためにクリックお願いします。

| コメント (0)

中秋の名月

本日は中秋の名月。
中華街ではこの時期限定で卵入りの月餅が販売される。

月餅か月見団子を食べながら月を見ようと思っていたのに、朝から雨。
しかも、台風の影響でどしゃぶり。ひどいよ。

いつの年か、まぶしいくらい明るい満月の十五夜があった。
なるほど、なよ竹のかぐや姫が月に帰る夜はこんなふうだったのかと思った。
昔は町の明かりがなかったから尚更だろう。

あ、そんなことを書いているうちに十五夜が終わってしまいました。

Banner_04←花より団子、月より月餅のナキウサギに人気投票お願いします!

| コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

アクセスランキング♪

気がついたらアクセスランキングの100位台にいましたよ。わーい。
これもクリックしてくださる方々のおかげです。
いつか100位以内に行きたいなぁ。

そのためにも更新に励みたいところですが、今日はものすごく眠いのでこれにて失礼いたします。
3連休の間にに本体サイト「ねてかさめてか」を更新する予定なので、見てくださいねん。
久々に文房具の記事を書きますよ。

ではでは。

Banner_04←あなたの1クリックがナキウサギを支えます。

| コメント (2)

2006年10月 3日 (火)

職場で時代劇

仕事についてリーダーと話していたときのこと。

私が「この仕事、外注すると逆にお金かかりそうですね」と言うと、リーダーが爽やかな笑顔で「イヤイヤ、そんときゃ買い叩きますよ」。
…!!
コワイよコワイよー。リーダーが悪代官に見えたよー。
(「だってそうしなきゃチームのみんな食べていけないんだもん!」byリーダー)
はっ。てことは私は越後屋にならなきゃいけないのか?!

山吹色のお菓子…。

Banner_04←お好きな決め台詞をつぶやきながら、悪を成敗する気持ちでクリックを。

| コメント (2)

静岡おでん缶

「静岡おでん」なる缶入りのおでんがスーパーにあった。
初めて見た。
290gで300円弱。ちょっと高い気がするが。

「静岡」に「しぞーか」とルビが振ってある。
地元ではそんな発音なの?
そして「静岡おでんの会推薦」とある。
うーむ、そんな組織があるとは。

ちなみに、おでんに牛筋が入るのは一般的なのだろうか。
うちのおでんには入ったことはない。
それはうちが貧乏だから?!そうなのか?!

※職場の名古屋出身の人もおでんに牛筋入れてる!

Oden

Banner_04←豚肉入りすき焼きを食べて育ったナキウサギに愛の一票を!もちろん肉じゃがも豚。

| コメント (2)

こんな夢を見た。

殺人だったか、強盗だったか、何かの事件が身近で起きた。
TVのニュースでも報道されている。
容疑者は、お笑いタレントの長井秀和だという。
続いて、現場に残されていた、犯人のものと思われる遺留品が画面に映し出された。
グレーの手袋と、仕事の参考書だ。
それは私のものだった。
どうしよう。
学校へ行きたくない。
今日の体育は見学することにしよう。
学校へ行きたくないと言いつつ、風景は校舎の中で、私は何かの準備室のような小さ目の部屋のスチール棚の間にいる。
先生か警官のような人に、「あの遺留品は私のものだが、私は犯人じゃない」と訴える。
信じてもらえたかどうか覚えていない。
私はこっそり逃げようと思う。
駅に向かう途中の家でトイレを借りるが、とても汚れていて、水を流すと逆流してくる。

Banner_04←長井秀和にとってはいい迷惑だ。

| コメント (0)

2006年10月 2日 (月)

日本人の髪用シャンプー

最近アジエンスのCM減ってきましたね。
友達は「西洋人を意識しすぎて滑稽」と言っていましたが、私はけっこう好きでした。チャン・ツィイー。
「ツバキ」は相変わらず派手にやっています。でも初回よりはリーズナブルプライスなメンバーになっている気がします(失礼)。
ここしばらく盛んなのが、「いちかみ」。深津絵里。一人で大丈夫か!

いずれも日本人(東洋人)の髪の美しさをアピールしたものですね。
いいことだ。

でも、私は天然ウェーブの髪のせいか、アジエンスもツバキも効果ありませんでした。
朝起きたら、髪サラサラじゃなくてクルクルだよ。

Banner_04←「天パー」という呼称を敢えて避けているナキウサギに清き一票を!

| コメント (2)

ドレッシング飛び散り事件

ヨコハマスカイビルの「エルトリート」(メキシコ料理)でご飯を食べたときのこと。
食事が終わって、従業員の女性がお皿を下げてくれたとき、サラダのドレッシング(大量)がテーブルの半分にビッシャーっと派手に飛び散りました。
ぎょ。
そのとき一緒にいた人(Iさん)は、配膳時の振る舞いにうるさい人なのです(皿の置き方とか手の添え方とか)。
Iさんは黙っていましたが、ドレッシング飛び散り現場にちらりと目をやったのを私は見逃しませんでしたよ!
しかし、その従業員さんは気づかなかったのか気にしていないのか、「失礼しました」でもなく、テーブルを拭くでもなく、皿を持って去って行きました。。
従業員の姿が見えなくなると、Iさんはドレッシング飛び散り現場に黙って紙ナプキンをかぶせました。

…そのときの気まずい雰囲気をご想像いただけますか。
一緒にいたのが他の友達だったら、「派手にこぼしたねー」とか「食事終わってたから大事無かったね」とか言い合うんですが、Iさんはあまり感情を外に出さないタイプなのか、このときもなんのコメントもなし。いっ今君の心にはどんな感情が去来しているんだ?!
私だけが、「あはは、気がつかないで行っちゃったねぇ。まぁメキシコだから細かいこと気にしないってことで」なんて、よくわからないことを口走ってしまいました。

なんというか、よりによってこのIさんの前でこんな事件が発生するとは、運命のいたずらにも程があります。なんだか驚きを通り越して笑えてきました。
しかも、自分が飲食業にいたら間違いなく同じ失敗をしていそうで、おっちょこちょい&鈍感な従業員さんに勝手に親しみを覚えましたよ。

Banner_04←メキシコといえばタコスとサボテンしか思いつかないナキウサギに清き一票を!

| コメント (2)

2006年10月 1日 (日)

おいしいもの

横浜そごうの北海道物産展で、おなじみの品々を仕入れてきました。
・鵡川のししゃも
・豚じゃが団子
・コロッケ
・ロイズのお菓子2種
「煉瓦屋」の「ふたくチーズ」と今回初出店の「ろまん亭」の「チョコモンブラン」も買ってみました。

Mon

チョコモンブランは別に栗は入っていない様子。腐るほど甘いですがチョコレート星人の私にはたまりません。

しかし、いつ行っても、どこだかのカレーパンに長蛇の列(たぶん1時間以上待ち)ができているのが謎です。どんなにおいしくても、そこまでして待てない。

Banner_04←食べすぎだよ!と突っ込みつつクリック願います。

| コメント (2)

最近読んだ本

能町みね子「オカマだけどOLやってます。」
衝撃的なタイトルです。
性同一性障害(当人はこの呼び名が好きではない)の作者の日記ブログを書籍化したものです。
作者はこれから手術を受ける予定で、まだ完全に女性ではないにもかかわらず女性として会社勤めをしているという。
元々女性的な顔・体格だったけど、やはり女性として暮らすのは色々気を使うこともあり…という、日常やらこれまでやらを綴っています。
ふむふむ。そうなんだー。

細川貂々「ツレがうつになりまして。」
鬱になったご主人と漫画家さんの生活を描いた漫画です。
漫画だし、努めて軽い感じで書かれているけど、実際は壮絶な暮らしだったのだろうと思います。漫画の途中に挿入されるご主人のエッセイのページで、ご主人の病気のことを話している途中に漫画家さんが泣いたことが書いてあります。本人も辛いし、家族も「どうしてあげることもできない」辛さがありますよね。
心の病は誰にでも起こりうるものとして、関心を持っています。
だって、あの高島忠夫だって鬱になったんだから(なぜ忠夫が基準?)。
でも冗談抜きで、自分も自分の身近な人もいつなってもおかしくないと思っています。そう思っている人が多いからこの本が売れているのかもしれませんね。

Banner_04←最近活字の多い本読んでないだろ!と突っ込みつつクリック願います。

| コメント (0)

ジャックスカードのCM

ジャックスカードのCMを10年以上前からWatchしております。
最初に目に留まったのは、15年ほどまえでしょうか。
もはや記憶があいまいなのですが、外国人の若者がドラムスティックで家の中から建物から叩きまくるという。。その人は実際そういうスタイルのミュージシャンだったのですが、斬新と思う人もいましたが、ワケワカランと思う人もいたでしょう。いずれにせよ、カード会社のCMとしては新しい感覚でした(でも早すぎたかも)。

次は前作と打って変わってベタなもの。
「ジャックス、ジャックス、ジャックスカード~♪みんなが持ってるジャックスカード、気軽に使えるジャックスカード、…」うろ覚えですが、こんな歌詞の歌を、画面に並んだ人々が首を左右に傾けながら歌っていました。ださださ。

その後、東幹久が出てきたり。

若い男女の物語仕立てになってたり。

最近のはなかなか面白いです。これまで若者むけだったのが、ターゲットを家族層に向けてきたのかなーという感じです。
「人と、人のあいだに。」をテーマにしたシリーズです。
「サーフィン篇」、「バイク篇」「キャンプ篇」と続いています。
お互いにすれ違う親子が、ジャックスカードで購入したアイテムでその絆を復活させるという。
サーフィン篇は「さいきん娘の笑顔を見ない」と思ったお父さんが娘さんとサーフィンに行っていました。そして娘が「お父さんの笑顔、久しぶりに見た」。この話、いいっすね。そうそう、相手は自分を写す鏡なわけですよね。
バイク篇は息子がお父さんをツーリングに誘います。「バイクだけが俺の仲間」的な雰囲気でバイクの手入れをするお父さんがなんかカワイイです。
まーどれもよくあるストーリーなんですけどね。
今回のキャンプ篇も、子供との約束を破ってしまった会社人間のお父さんがジャックスカードでキャンプ用品を購入していました。
でも、このCMでちょっと気になるのは、「もういいよ!」と子供がお父さんとの電話を切ってしまうところ。貴様、何様のつもりじゃ!気持ちはわかるけど…子供にこんな電話をかけさせる前に、お母さんが「お父さんが忙しいのは家族のためにお仕事しているから」とフォローしておくべきじゃないか?そもそも、誕生日が平日ならお祝いはその近辺の休日に設定すべきではないか?(うちはそうだった)

まぁ…ミモフタもないことを言えば、私はいつもニコニコ現金払いなので、家族のコミュニケーション交流のためにカード作ることはないと思います。

Banner_04←マスターカードのCMともかぶるよね、と思った人も思わない人も。

| コメント (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »